TACT FESTIVAL2019公式|東京芸術劇場

ABOUT

111
TACT FESTIVAL(Theater Arts for Children and Teens Festival)は、赤ちゃんからシニアまで楽しめる上質な舞台芸術作品を紹介するフェスティバルとして2010年にスタートし、今年で10回目を迎えます。
今年も演劇・音楽・ダンス等ジャンルを超えたさまざまなプログラムを用意しました!


ギャラリー1では、『ベイビー・ミュージックサロン~赤ちゃんと楽しむ本格的なバロック音楽~』を開催。赤ちゃんが途中で泣きだしてしまってもOKな、音楽会デビューにぴったりのリラックス・プログラムです。
コンサートホールでは、『マサト先生のミュージック・エデュケーション・プログラム~リズム!リズム!リズム!~』を開催。指揮者、作曲家、ピアニスト、チェンバリスト、オルガニスト、演出家、プロデューサーとして、幅広い音楽分野で活動する鈴木優人(マサト先生)のレクチャーを交えてリズムにちなんだ3つの作品をお届けします。

プレイハウスでは、イギリスのカンパニー、1927による『獣よ、子供よ、街に出よ!』を上演。映像と音楽、ライブ・パフォーマンスが融合した、“こわカワイイ新感覚シアター”を体験してみてください!

劇場内のパブリックスペース(ロワー広場)では、カラフルな海の生き物たちが、ユーモラスな動きを伴って館内を回遊して大変な好評を得たコスチューム・アーティストひびのこづえによる『WONDER WATER』が、TACTのステージに再び登場。今年はそのほかに、『Rinne』と『MASK』も合わせて上演します。
また今年は、ひびのこづえによる『いきものブローチワーク作りワークショップ』をアトリエウエストでも開催。世界でひとつだけの手作りブローチを作ることができます。

アトリエイーストでは、ダンサーの白神ももこ率いるモモンガ・コンプレックスのプロデュースにより、『ゆるゆる休憩所 モモンガ・ハウス』がオープンします! 小さなお子様の為の休憩スポットとして期間中、さまざまな企画をご用意しています。

さらに、劇場前広場では、舞踊家田中泯による『場踊り』を披露します。老若男女、観る人の魂を瞬時に惚れさせる最高に格好良い田中泯のスペシャル・パフォーマンスです。
アトリウムでは、芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー生の無料アトリウムコンサートを開催。開放感あふれる空間で、生演奏をお楽しみいただけます。また、池袋西口周辺では、さまざまなアーティストのミニコンサート「街角LIVE!」も開催します。

今年のGWは新しいアートに出会える池袋に出かけませんか?
ページトップへ